スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
演技派
DSCF2662.jpg

天然でマイペースなA子に対して、B子は読心術に長けた演技派。人の真似も得意で、前に通っていたプリでは一つ上の日本人のお姉さんの口ぶりや表情をそっくりに真似て、あなた誰?みたいなことに家ではなっていたのですが・・・

先日、椅子からだっこして降ろしてほしいと甘えるB子に
自分で降りなさい、と言ったところ、
眉を寄せて弱そう~な表情をして

「腰が痛いの~」

うそつけ!(笑)
っていうか、やめてよそういう真似!


まったくもう。(←これも真似されてる)
スポンサーサイト
[ 2010/12/17 22:17 ]

Twins | コメント(0) | トラックバック(0) |
夢のような褒め言葉
DSCF2290.jpg

先日、A&B 好物の「たまごどんぐり」(注;玉子丼)をお昼に出したら、A子がにっこりして

「おかあちゃん、ほんとに料理じょうずねえ」

と褒めてくれました。

じ~ん・・・。

もしかして、誰に言われるよりも嬉しいかも。
涙すら浮かべて幸福感にひたりました。

A子は、ハハを大感動させたことをわかっているのかどうなのか、
夕食時にはオット氏に

「おとーたん、食べるのじょうずねえ」

と繰り出しました。

え、食べるの? じょうず? 
なにかひっかかるんだけど?

予感がします。でもまだ的中してると思いたくない・・・。

翌日、お手洗いから出て来たときにかけてくれた言葉で、
淡い夢から目が覚めました。

「じょうずにできたねえ。えらいねえ」(←言いかた私そっくり)


・・・。

A子さん。
貴女いま、褒めブーム? 
もしかしてブームで褒めてただけ?

私のあの涙はいったいどこへおさめたらいいの・・・。(がくっ)



最近のA&B のホットな遊びは、相互赤ちゃんごっこ。
オギャアオギャアと赤ちゃんのマネを片方がして、
もう片方がミルクを飲ませるマネ。そして役割交代、エンドレス。
双子って、姉妹というより似た顔の友達なのかもしれない。
楽しそうだよ、まったく。
[ 2010/12/12 19:46 ]

Twins | コメント(0) | トラックバック(0) |
デビューとリカバリ
DSCF2523.jpg


トイレトレのため、 A&B をトイレで持ち上げたり降ろしたりしていたら腰にきました。腰痛デビューです。
動けない訳じゃないけど、ズーンと重くて痛いのです。
2週間くらい彼らを持たないようにしたら、良くなりましたが。
ほっ。

赤ちゃんの頃から、うっかり腱鞘炎やぎっくり腰にならないよう気をつけてだっこなどしてきたつもりでした。もし私が動けなくなったらおしまいだ、とテンパってたんですね。でも、二人が大きくなって前程だっこしなくなったので気を抜いていたのかも。二人ももちろんトイレでおすわりするところまで自分で登れないわけじゃないんですけど、数秒を争って「おちっこ、でちゃう!」と二人して駆け込んで行くわけですよ。床でしていただいてはたまらないので、服をざっと降ろしては「いよっ」と順番に持ち上げるんですが、その「いよっ」が良くなかった。切羽詰まって狭いところで体勢が整わないのに重いもの持ち上げているわけだから無理がかかってしまって。ひどくならないうちに治って本当によかったです・・・。

さて。今日はプリ日です。家事はもちろんありますが、送り出した後ひとりになるとやっとほっとします。30分だけの日曜日、という感じですね。
一息ついてネットを見ていたら、そこに親近感がどっとあふれてしまうような記事が。(村上春樹の小説についての文章ですが、小説を読んでいなくてもわかるのでどうぞ)
《ご飯を作り、お掃除をすることの英雄性》

 掃除とは「「宇宙を浸食してくる銀河帝国軍」に対して、
 勝ち目のない抵抗戦を細々と局地的に展開している
 共和国軍のゲリラ戦」である。

私のしていることはまさにこれだ・・・。(リビングを見渡す)

ついでに、この件に関する私見と偏見は、

散らかった部屋を母親に掃除してもらっておいて怒る子供
(年齢不問。つまり成人していても)
に限って、風呂にはいるにもパンツを母親に用意してもらっている。

というものです。

代行してもらったら、感謝を。

ちなみに当家の関白は感謝しないことの危険性をよくおわかりなので
「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさまでした」「はい(良い返事)」ちゃんと言ってくれます(たまに「御意」とまで)。

そのおかげか、気づいたら A&B の返事がすごく良い。

「はいっ!」

おっ、気合い十分だね~。

でもまだオムツをモジモジと要求してしまう二人なのであった。
パンツ以前、なんだね。


写真は初めてのお皿拭き記念。
何も頼んでないのに自分たちからしてくれました。プリの先生の真似をしたかったみたいですが、もちろん激賞の対象です。すばらしい!すごいよ!えらいね~!ほんと助かるわ~。もう感心しちゃう。むぎゅっ、ん~~~~まっ。あんなちっちゃかった赤ちゃんが、もうこんなにできるようになって・・・(涙)って、なんか孫を溺愛するおばあちゃんみたいですよね。
[ 2010/11/12 11:41 ]

Twins | コメント(0) | トラックバック(0) |
Sweet Halloween
DSCF2446.jpg

ハロウィンの週に入り、あちこちのお店で子供を集めたイベントが開かれています。
この時季限りしか着られない衣装を買った(もちろんガレージセールで)からには、できるだけおでかけしないと、とスケジュールもついタイトに。この日行ったデリの催しでは、ハロウィンモチーフのクラフトやお菓子作りのコーナーがあり、仮装したお兄さんお姉さんが相手をしてくれました。会場は走り回るスーパーマンやらプリンセスであふれ、カボチャや動物の着ぐるみを着てちょこんとお座りしているベビーなどなど超キュート。

写真は「なにがはいってるかな~?」とお姉さんがミステリーボックスを手探りして見せてくれているところ。A&B、背中が真剣。箱の中にヘビのおもちゃが入ってるだけなんですが、それが楽しいらしい。B子はキャーキャー言っているうちにタイミングを逃してジョジョ~っと・・・。まあ、しかたあるまい。

しかし、イベントのたびに市販の甘すぎるお菓子がいっぱい集まってしまうのが気になります。普段はおでかけのとき(グズッたらおとなしくさせるため)だけにしか市販のお菓子はあげてないので、行事のときくらいは、と例外的にあげるのですがその加減が・・・二人の勢いにぐいぐい押されて倒れそう。トイレができたらあげると言えば、丸一日ムツ一枚で持ってしまうし、ゴハンを全部食べたらね、と言えばかきこんでもぐもぐしながら「おかちちょうだい!」と叫んでいるし・・・。お菓子のためなら何でもやりかねん。お菓子目的にゴハンをいつも以上に食べているのは確かだ・・・ゴハンでお腹がいっぱいになればお菓子はそうは食べられまいと思ったが甘かった。A子の腹はすでに満月のようだ。まさか底なしを疑われている胃をさらに広げているのではあるまいな? しかしまったくあげないと、長じて親に隠れてお菓子をむさぼり食うようなティーンになってしまうかもしれない。それだけは避けたい。


なぜ市販のお菓子を警戒するのかというと、気を抜いた途端ドアのすきまからドドーッと砂糖や脂肪がなだれ込んでくるイメージが頭から離れないんですよね。なにせ大人の三人に一人は肥満のアメリカですので。
健康を守る食生活の土台だけはいまのうちに作って受け継いでもらいたいです・・・。(願)
[ 2010/10/28 11:17 ]

Twins | コメント(0) | トラックバック(0) |
盟友たち
DSCF2343.jpg

4歳になったけどまだまだオムツがとれないお二人。
もともと12月生まれのはずだった人たちだから、
今はまだ3歳のうちなんだろうし、
その子たちのペースってものがあるんだし。

と、わかってはいますがオムツ代、
ダブルでかかるのでバカになりません。
プリスクール代だって家のローンに並ぶ大支出項目である。
教育にかけるお金は惜しまない(でいたい)が、
トイレトレーニングも教育であり(口調が固い)
トレーニングがうまくいけばいくほどオムツ代が浮くという
これほど嬉しい話もないではないか。

そこで家にいる日は紙オムツではなく布のトレーニングパンツを
はかせることにしたのであります。

しかーし。
小さいほうはまずまずトイレでしてくれるんですが、
大きいほうが、なかなかトイレでするのになじまないようで・・・。

しかもなんか、よく食べるんですよ最近。
ゴハン食べた直後にテーブルに手をかけて
つま先立ちでジッとしていたりする・・・。
入れたら出るとは、アンタところてんかい!
しかも2回目? みたいな。とほほ。

お子たちに頑張らせるつもりが自分がバッチッチな
パンツのお洗濯に励まねばならぬとは・・・。

尾籠な話で申し訳ないんですけど、
世のママたちはこうして手洗いしてるんでしょうね。
ゴシゴシと。
それだけでママたちは偉い!と思います。
一日にこうして二度も三度も。うう。

リキッドソープとハンドサニタイザー(と漂白剤)
が私の心強い友達です。味方です。
ラベンダーの香りのにしておいて本当によかった。
[ 2010/10/01 09:48 ]

Twins | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。