スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
おはぎ
DSCF0905.jpg

おばあちゃんが一ヶ月の滞在を終えて帰国されました。
可愛い孫とたのしい夏休み、
のつもりが過酷な強化合宿だった・・・。
呆然と、そんな喩えでまとめたくなるホームスティ
だったのではないかとお察しします。

ギャップがあるんですね、イメージと現実は。
よくわかります。

2~3歳の幼い女の子。
一人でも可愛いのに、双子だったりしたらどれほど可愛いか!

でも現実は違う。
毎日戦場です。
阿鼻叫喚と乱闘です。

絶え間ないおんぶにだっこ攻撃が、
二の腕を半端なく鍛え上げます。
毎晩眠りにつくときには、
塹壕に倒れ込む最後の兵士の気分です。


空港でお見送りしたあと、
戦場から去ることのできない身には、
ふたたびの孤独感と、
現場を実際に知る人が増えた嬉しさが混在しています。

でも、記念にデジカメで撮った動画を見れば
遊ぶツインズの姿と一緒に
幸せいっぱいとしか言いようのない自分の声が録音されていて

「あー、これじゃ誤解するなというほうが無理だわ」

と納得しました。

誤解、OK。どんと来い、って気になれました。


話かわって
上の写真は初めてつくってみたおはぎ。
つぶあん、というよりは大粒あんになってしまいましたが
やさしい小豆の味がしておいしかったです。
実はお義母さんの滞在中に、良い機会だから
このレシピ本のメニューを全部つくってみよう!
と目標を立てていたのです。
おはぎはそのうちのひとつ。

22あるメニューのなか、
特に手間のかかるちらし寿司やロールキャベツなどの
4品は見送りましたが、
いつも以上の大変さの中18品にトライするとは
よくやりました!
と我褒め癖ふたたびです。
LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)
(2009/03/12)
飯島 奈美重松 清

商品詳細を見る


ただ、どれも確実に美味しいものの、若者うけする献立が多く
肉や揚げ物大好きな幼児は喜んでも
さっぱりしたものが欲しいおばあちゃんに合わなかったのは計算外。
いきおい品数が増え、結果的にいちばん喜んだのは
オット氏にちがいありません。

おばあちゃんに喜んでもらえたのは同著者による番外編
「ごちそう納豆」の納豆抜きでした。
三世代同居の食卓におすすめです。
スポンサーサイト

テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

[ 2009/08/05 16:04 ]

Food / Cooking | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。