スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
行楽
DSCF0981.jpg

元気にしています。
ミシガンではそろそろ長袖でなければ寒くなってきました。

先週末は渡米して初めて野球観戦に行ってきました。
というよりも
ハトを追いかけまわす二人の後を追ってきました
のほうが真実。

家の外の芝生でリスやアヒルを追っているのと
何も変わりません。
いや、同じような仲間の子が他にもいただけさらに興奮は高まり
キャーキャーとデッキを駆け回っていました。
眼下のグラウンドではメジャーリーガーが真剣に駈けていたのですが・・・。

はしゃぎ疲れて「おうちかえる」と言い出したのを潮に
混雑と渋滞を避けるために7回の裏で球場を後にし、
次の回で地元チームが逆転勝利を決めたときの観客の大歓声は
駐車場で二人をカーシートにつめこみながら聞いたのですが
とくに見逃して残念とは思わず、「こんなものでしょう」
と淡々としたもの。
むしろアクシデントなしで帰れたことに感謝です。
興奮した観客にもまれながら二人の幼児を抱きかかえ、少なくない荷物とストローラーをぎりぎり携えてスリを警戒しながら大混雑の狭いゲートをぎゅうぎゅう詰めになって突破する、なんて真っ平ごめんなのです。
発進してすぐに眠りに落ちてくれたときは心底ほっとしました。

こう書くと、なんのためのメジャーリーグ観戦か
と思われるかもしれませんが、
もともと社内イベントで行ったもの。
毎日コブつきアンネのような生活をしている私には
こうした外出でも一大リフレッシュメントなのです。

帰り道、久しぶりに寄った書店では
ラッキーなことに何冊も掘り出し物がありました。
将来二人にあげると思うと躊躇なく良品が買えてよいです。
まあ、本などに関してはもとから躊躇しなかった気がしますが。

外出の疲れでよく昼寝してくれる間の楽しみです。

贅沢貧乏 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)贅沢貧乏 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)
(1992/07)
森 茉莉

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2009/09/01 11:44 ]

Book | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。