スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
初めての生ツリー
DSCF1405.jpg

オット氏にも私にも、もちろん A&B にとっても初めての
本物の木のクリスマスツリーを今年は飾っています。

アメリカではお正月らしさは味わえないし、寒さに閉じ込められるせいで
クリスマスのにぎわいもいまひとつ遠いこの環境で、
なんとか季節の行事気分を味わおうと、この時期屋外で売り場が設置される
生木のツリーを購入したのです。
どうやって立てるものか、植木鉢でも使うのだろうかと待っていると、
オット氏が売り場の人にレクチャーを受けて、
重い木を多方向から支える金具つきのスタンドと
緑を長持ちさせる肥料?を木と一緒に買って帰ってきました。

スタンドなるものに2メートルくらいある木を立てて肥料を入れたお水をあげると
閉じていた葉と枝が広がり、部屋中に木のいい香りが漂って、雰囲気を一新しました。
飾りはアリゾナ時代に Desert Museum で買ったオーナメント
(サボテンたちの絵つき)一個と電飾を巻き付けただけ、なのですが
それだけでキラキラ光って(当たり前?)なかなかきれいです。
リビングの一角でこの季節の主役を自覚しているように堂々と立っています。


《連想したのはこれ》
モチモチの木 (創作絵本 6)モチモチの木 (創作絵本 6)
(1971/11)
斎藤 隆介

商品詳細を見る

この絵本の「木に花が咲いたようだ」というところの挿絵に
よく似ているんですけど・・・と書いて
あまりにもニホンな自分のたとえに気づきました。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

[ 2009/12/24 12:28 ]

Snapshot | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。