スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
春のきざしと
デジカメのメモリがいっぱいになっていて
バックアップをとって消去する、
という手間をオット氏に頼んで一ヶ月、
ようやく写真が撮れるようになりました。

もう三月。
なったとたんに今年初めての鳥のさえずりを耳にしました。
見てくださいこの空、明るさ。

DSCF1631.jpg


二ヶ月前とは全然違います。
小川の水音も、大きくなってきました。雪が融けはじめています。

さてこのひと月、スズキ家には大きな変化がありました。
食生活を変えたのです。
きっかけは図書館で見かけたこの本でした。
著者は腸の専門医で、推奨する食事は
玄米・雑穀・野菜・果物をメインにして魚を食べ、
精製した砂糖・乳製品・カフェインは摂らず、
油と肉は最小限に控える、というもの。

健康とか食生活関連の本はこれまで手にした事がなかったので
その方面でどんな立ち位置にあるものかわかりませんが、
そういえばクリスマス休暇からおなかが重たいなあ、
と、ためしに上記に沿った料理にして、
寝る三時間前には何も食べないようにしたところ
とにかくおなかが軽くなるし、お肌もピカッと整って、
始めて四五日もせずに「もう元の生活には戻れない」と
鏡に向かってつぶやく自分がいました。(笑
「健康なつもりだったけど、違ったんだ」
と気づく、と言ったらいいのでしょうか。
明らかに体調が「快」方向に移行しました。

油脂を使わないため洗い物もさっと流すだけで済むようになり、
おなかの中も同じようにキレイなんだろうな、
クッキーやケーキを作った後の片付けとは大違いだもの、
と、腸内をリアルに想像してしまうようにも。

でも、年に数回のケーキならどうってことないだろうから
その辺は神経質にならずにこれからも楽しみたいと思っています。
同様に、麺類も全粒粉を使ったもので、という本のポリシーも
食感の点から守りきれないな、と思うので
うちとしては普通のものでOKとしてます。
続けられないと仕方ないですもんね。

いや~、最初この本をぱらぱら見ていたときには

「こんなに食事に気をつけてくれるパートナーがいたら
 そりゃ長生きするよね」

と、ちょっと他人の横目線だった私ですが
はじめてみたら自分がやめられなくなりました。(笑)

食事って大事なんだなあ、と噛みしめる日々です。
スポンサーサイト
[ 2010/03/05 00:32 ]

Snapshot | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。