スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
2011年 夏
海

ざっと二か月ぶりです。久しぶりで新鮮です!

いや~、いろんなことがありました。
A&B も(私たち親も)行きたがっていたシルク・ド・ソレイユの公演を最前列で見たり、友達とダウンタウンのレストランを開拓したり、帰国する友達とお別れしたり、ホーム・パーティを開いたり招かれたり、ガレージセールで掘り出し物を見つけたり、A&B にワンピースや甚平を縫ったり。思いつくだけでもこんなにあって、なかなかカラフルな人生じゃないかと(大げさ?)。しかもそれは7月末までの話。8月いっぱいは日本で実に六年ぶりに過ごしました。

A&B は初めての日本。そしておじいちゃんやイトコに会うのも初めてという初めてづくし。ひいおばあちゃんの初盆のため、田舎の海辺の家で2週間滞在しました。海水浴客で混み合う前の閑散とした、ほぼプライベート・ビーチ状態の浜で二人を遊ばせつつ、ぼーっと空や海を眺め、貝を拾ったりしながらいい時間を過ごしました。生後すぐに重い病気にかかりながらも奇跡的に元気に育った孫たちがアメリカからやって来たというので、祖父母の歓待ぶりにも気合いが入っており、毎食がごちそう攻めでした。好き嫌い無しの二人はアメリカでは食べられない美味しい果物や魚を「おいしい、だいすき」と頬張り、ご当地牛乳や生蕎麦には「この○○おいしい!」と違いのわかるところを見せて驚かせていました。もろきゅうや納豆も気に入ってしまうし。さすが和食育ちの食いしん坊。アメリカに帰ったらあっちのご飯を嫌がるんじゃないかと冗談半分で思ったくらいでした。心配無用でしたけどね。

甥姪たちもこの前会ったのはいまのA&Bくらいだったのに、いまや中学生になっていてびっくり。いっぱい遊んでもらってありがたかったです。他にも、行けたらいいけど無理だよねと思っていた伊勢神宮に思いがけないご縁で連れて行ってもらえたり、買おうと思っていた老舗のお菓子やお香や手ぬぐいをたくさん頂いたり、願った物が向こうから来る状態で、これもおばあちゃんが喜んでくれている証拠かなと思いました。祖母にとって私は初孫、やはり特別な絆を感じます。夜の浜につぎつぎ打ち上がる花火を、初めてご供養の花火として見上げたお盆でした。

その他にも高校時代の友達と結婚式以来はじめて会ったり、あちこちの親戚宅を回ったり、オット氏の実家に置いていた私物を大整理したりと、限られた時間をフルに使いつくした滞在でした。オット氏にA&Bを任せて、初めて実家にたった一人で一泊したのも収穫でした。近所のレストランでお一人様したり、朝早くから懐かしい道を散歩したり、それだけで開放感で宙に浮きそうでした。たまにはこういうのも、ホント必要ですよね。仕事を持っている友達から、家事育児労働を労われ励まされたのも嬉しかったな・・・。

まとめ。

いい夏、感謝の夏でした。

もう秋ですね。

スポンサーサイト
[ 2011/09/11 00:03 ]

Travel | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。