スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
デビューとリカバリ
DSCF2523.jpg


トイレトレのため、 A&B をトイレで持ち上げたり降ろしたりしていたら腰にきました。腰痛デビューです。
動けない訳じゃないけど、ズーンと重くて痛いのです。
2週間くらい彼らを持たないようにしたら、良くなりましたが。
ほっ。

赤ちゃんの頃から、うっかり腱鞘炎やぎっくり腰にならないよう気をつけてだっこなどしてきたつもりでした。もし私が動けなくなったらおしまいだ、とテンパってたんですね。でも、二人が大きくなって前程だっこしなくなったので気を抜いていたのかも。二人ももちろんトイレでおすわりするところまで自分で登れないわけじゃないんですけど、数秒を争って「おちっこ、でちゃう!」と二人して駆け込んで行くわけですよ。床でしていただいてはたまらないので、服をざっと降ろしては「いよっ」と順番に持ち上げるんですが、その「いよっ」が良くなかった。切羽詰まって狭いところで体勢が整わないのに重いもの持ち上げているわけだから無理がかかってしまって。ひどくならないうちに治って本当によかったです・・・。

さて。今日はプリ日です。家事はもちろんありますが、送り出した後ひとりになるとやっとほっとします。30分だけの日曜日、という感じですね。
一息ついてネットを見ていたら、そこに親近感がどっとあふれてしまうような記事が。(村上春樹の小説についての文章ですが、小説を読んでいなくてもわかるのでどうぞ)
《ご飯を作り、お掃除をすることの英雄性》

 掃除とは「「宇宙を浸食してくる銀河帝国軍」に対して、
 勝ち目のない抵抗戦を細々と局地的に展開している
 共和国軍のゲリラ戦」である。

私のしていることはまさにこれだ・・・。(リビングを見渡す)

ついでに、この件に関する私見と偏見は、

散らかった部屋を母親に掃除してもらっておいて怒る子供
(年齢不問。つまり成人していても)
に限って、風呂にはいるにもパンツを母親に用意してもらっている。

というものです。

代行してもらったら、感謝を。

ちなみに当家の関白は感謝しないことの危険性をよくおわかりなので
「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさまでした」「はい(良い返事)」ちゃんと言ってくれます(たまに「御意」とまで)。

そのおかげか、気づいたら A&B の返事がすごく良い。

「はいっ!」

おっ、気合い十分だね~。

でもまだオムツをモジモジと要求してしまう二人なのであった。
パンツ以前、なんだね。


写真は初めてのお皿拭き記念。
何も頼んでないのに自分たちからしてくれました。プリの先生の真似をしたかったみたいですが、もちろん激賞の対象です。すばらしい!すごいよ!えらいね~!ほんと助かるわ~。もう感心しちゃう。むぎゅっ、ん~~~~まっ。あんなちっちゃかった赤ちゃんが、もうこんなにできるようになって・・・(涙)って、なんか孫を溺愛するおばあちゃんみたいですよね。
[ 2010/11/12 11:41 ]

Twins | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<Thanks Giving Day | ホーム | 道のり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sonogono.blog10.fc2.com/tb.php/106-f607bbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。